矯正装置の種類

歯の治療を受ける男性2

矯正歯科の矯正治療で使う装置は、いくつかの種類があります。金属のブラケットやセラミックのブラケット等です。金属アレルギーのことが考えられているので、誰でも矯正治療を受けることができます。

外科矯正のメリット

男性歯科医と患者

矯正歯科で行われている外科矯正にはメリットが沢山あげられます。大人でもあごの歪みを治せますし、治療期間を短く済ませる事もできます。他にもたくさんのメリットがあるので、外科矯正の治療も受けてみましょう。

治療の費用

歯の治療を受ける男性3

全国にある矯正歯科は、治療方法によって費用が違ってきます。そのため、治療費用が気になる場合は、ネットのサイトで確かめることができるので、調べることが大切になります。

治療の流れ

歯医者の受付

矯正歯科の治療の流れとしては、歯のケアから始めるところもあります。矯正治療をするまでに歯の歯石や汚れを取り除かなくてはいけないのです。また、矯正装置を取り付けた後は、歯磨きの仕方を必ず教わりましょう。

矯正の必要性

歯の治療を受ける男性1

歯の矯正は、とても必要なことです。
なぜなら、歯並びや噛み合わせが良くなるからです。
歯並びやかみ合わせが悪いと、食事がちゃんとできなくなってしまいますし、あごの形も悪くなってしまいます。
それらを防ぐためにも、矯正を行うことが重要なのです。

歯並びが悪いと歯磨きがちゃんとできなくなります。
歯を磨くことが出来ていないと、歯周病や虫歯にも繋がってしまうのです。
ですから、歯の矯正で歯並びを良くすることが大事になります。
矯正で歯並びを良くすると歯が磨きやすくなり、歯周病や虫歯予防をすることができます。

矯正をするとあごの歪みが取り除かれ、顔立ちが変わります。
あごの歪みを正すのはとても大事です。しかし、大人になって矯正を行ってもそのあごの歪みが治せない場合もあります。
そのために、子供のうちから矯正を行うことが大切になってくるのです。
子供のうちに矯正を行うと、あごの歪みを治すことができます。

歯並びの悪さは、発音からも現れてきます。
なぜなら、話す時は舌の位置が本来あるべき所に無いからです。
そのため、ちゃんと話そうとしても、発音が出来ていないので、相手に伝わりにくくなります。
発音を良くするには、矯正歯科で矯正治療をしてもらうことです。

矯正は笑顔と関係があります。歯並びが悪いと笑顔いっぱいに笑うことができなくなってしまいます。
歯並びの悪さを周りに知られたくないあまりに、口を閉じていることが多くなってしまうのです。
それを改善するためにも、矯正を行ったほうが、笑顔が出てきます。